星空と森はそよ風にざわめく

みんなで「芸術家」に関して考えてみない?さほど難しい事って無いと思うんだよ、「そよ風」のことって。
HOME

気どりながらお喋りする子供と濡れたTシャツ

久しく行ってなかった地方への出張の日、初めて業務でお世話になったAさんという年配の方は、大きな大先輩だ。
一番初めに会話をしてからオーラがあり、プラーベートな会話は全然機会がなかった。
その時、なんとなくAさんの袖をまくった手首を拝見して驚いた!
大粒の天然石のアクセがいくつもつけられていたため。
気付いたら、天然石興味があるんですね!と出てしまったくらい。
にっこり笑ったAさんは得意げで、しかも子供っぽい表情で、種類別の天然石の名前を話してくれた。

ゆったりと大声を出す兄さんと失くしたストラップ
タイムイズマネーというのは、凄い言葉で、だらだらしていると、見事にすぐに時間が無くなってしまう。
もっともっと早く業務も業務日報も終了すれば、これ以外の事に時間を回すことが出来るのに。
掃除をしたり、散歩したり、料理にチャレンジしたり、本を読んだり。
そう考えて、ここしばらく、シャキシャキこなそうと気を張っているが、どれくらい頑張れるのか。

泣きながら大声を出す姉妹と履きつぶした靴

出身県が異なると食生活が違うのをいっしょに暮しだしてから非常に知るようになった。
ミックスジュース作ろうかと嫁からいきなり聞かれ、コンビニででも買っていたのかなと考えたら、家で作ることが普通らしい。
ミカンやパイナプルとその他もろもろとアイスを入れて、牛乳を入れて家庭用のミキサーで混ぜて出来上がり。
家でごくごくと飲んだのは最初だったが、とっても味わい深かった。
おいしかったし、楽しみながら、私も作り飲んでいる。

ノリノリで吠える父さんと穴のあいた靴下
昔、社員として多くの仕事仲間に囲まれて雇われていた。
だけど、働き始めて4年くらいで誰かと共に何かをするというのが無理だと実感した。
働く時間が長い上に、チームを組んで進めるので、仕方のない事だが、噂話がしょっちゅう。
それを元に、仲よくすれば上手くやっていけるのかもしれない。
何を聞いても、放っておけば?としか思えない運命なのだ。
その上、仕事のペースが遅い人に合わせるという我慢ができない、早い人についていけない。
そもそも努力不足!と思うだろうが、家族には運命なのだと言われた。

雨が降る大安の晩に外へ

大学生の時、株の取引に関心をもっていて、買いたいと考えてたことがあるけれど、しかし、たいしたお金ももっていないので、買うことが出来る銘柄は限られていたから、ほとんど魅力的ではなかった。
デイトレードにも興味があったけれど、しかし、一生懸命稼いでためた貯金が簡単になくなるのも恐怖で、買えなかった。
証券会社に口座は開設して、銀行口座から動かして入れて、ボタン一つ押すだけで購入できる状態に準備したけれど、恐怖で買うことが出来なかった。
一生懸命、働いて得た貯蓄だから、他の人たちから見たら少額でも大きく減ってしまうのは恐怖だ。
けれども一回くらいは買ってみたい。

暑い金曜の深夜に冷酒を
家の前でハンモックに寝転がり、気持ちよい風に身をゆだねていた、休日の夕暮れの事。
頭上には飛行機雲が一筋走っていた。少年は、家の猫が「シャギャァッ!」と吠える声に驚いて、ハンモックからドテッと落ちてしまった。
よく観るとネコはヘビに相対し、いつでも飛びかかれる姿勢で吠えながら威圧していた。
蛇はそんなには大きくなくて、毒も持っていないっぽかったので、少年は木の枝でつついて追い返し、ネコを抱きかかえて再びハンモックに寝そべった。少年は、ネコの背中を撫でながらお腹の上で寝かせ、気持ちいい風に身をゆだねた。

喜んで自転車をこぐあの人と気の抜けたコーラ

甘い食べ物が大変好きで、バウンドケーキやだんごなどをつくるけれど、娘が色々わかる年になって作る甘い物が限られた。
私と妻がめっちゃ喜んで口にしていたら、娘がいっしょに食べたがることは当然なので子供も食べてもいいあまり甘くないケーキをつくる。
自分は、ガトーショコラがたいそう好きだったけれども、子供にはチョコ系のケーキなどはまだ食べさせたくないのでつくりたくてもつくれない。
ニンジンやかぼちゃをいれた蒸しケーキが体にも良いと考えているので、砂糖をひかえて入れて混ぜて焼く。
笑顔でおいしいと言ってくれたら、とてもつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
ここ最近、ホームベーカリーも使用して焼いたりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

喜んで自転車をこぐ姉妹と突風
ビールなど、お酒のおつまみには、絶対健康に良い物を!と考えている。
しばらくの酒の友はキュウリ。
もっと前は鯖。
それにも飽きて、直近では湯葉だけれど、少々高めなので断念。
昨日、新しいメニューを発見した。
パック入りの100円しないくらいのエリンギ。
小さく切って、マーガリンで炒めて、味の素と塩コショウを適量使用し味を調えたもの。
非常に値段はリーズナブルだし、カロリーも低い気がしませんか。

無我夢中で叫ぶ妹と俺

あるいつもと違うような内容の仕事があったとき「まあ、なんとかなる」と考えていた社会人になりたての自分。
当時の私たちプロジェクトメンバーのみんなが「終わってみたら意外に簡単だったりして」とあっさりとらえていた。
そこで教育担当の上司が注意した内容が心に残っている。
「達成に向かって十分に日々を過ごしたからこそ、業務終了後になんてことなかっただけ。
なので、今のあなたたちのように甘く過ごしていて、偶然にも仕事が単純だったという意味は含まれていません。
終わってしまえばなんてことないと言う裏の意味は、真逆です。
前から真面目に取り組み準備を進めたからこそ力が有り余って、内容がスムーズに進んだと言う事実を言っているだけです。
精一杯本気になりましたか?
甘く見ないで頑張りましょう。」
と言うセリフ。
この言葉があってから、私たちは必死に取り組みうまく仕事をすることができた。

気持ち良さそうに話す姉ちゃんと私
何年か前から、九州の南に住むようになって台風の直撃をものすごく気にすることになった。
被害が全然違うからだ。
長崎に住んでいたことも関東に住んでいたこともあるけれども、しかし、台風の風が全く違う。
サッカーのゴールポストが転がっていくと話を聞いた時は、オーバーだと思ったが、事実だった。
超大型台風が通った後は、ヤシや大木は道路に倒れ、海の横の道路はゴミでいっぱいで車で走るのにも道を選ばないと通れない。
海沿いの家や旅館では、車両のサイドミラーが破損したり、家のガラスが破損し、風が入って天井が壊れたりと冗談と考えていたようなことを見てしまった。
直撃せずにかすっただけでも風はとても強く、古い家に住んでいると家の揺れる音が非常に心配してしまう。

ラクダ

Copyright (C) 2015 星空と森はそよ風にざわめく All Rights Reserved.